空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
時計の音
本を探していたら。
以前辞めた学校の教科書が見つかって、嫌な気分になった。
何度も親からチャンスをもらったのに、それを片っ端からゴミ箱へ捨てた。
それは事実。

そういう自分が嫌で。自分で自分の首を絞めたくなる。
でも、そういうことをしたくなる自分も嫌で。・・・悪循環。

考えてもしょうがない。でも考えてしまう。
こんなのに負けたくはなかった。でも無理はしたくなかった。
仕方ないから、流れるままに任せた。

やけ食いはしなかった・・・
最低限のことはして、最低限のルールは守った。
でもそれ以上何もする気は起きなかった。

なにもしなくていいや。そう言い聞かせて、早めに寝床についた。
そこでボウっと考えてたらいいと思ったら、ごちゃごちゃしたものは消えて、
ただただ時計の音だけが耳に響いた。

結局残ったのは、無力感。
何か無理にしようと思ったら出来ないことないし、
無駄な時間に思えたが・・・
まぁ、明日起きてすっきりしてれば、それでいいか・・・
そう思って、時計の音をぼうっと聞いていた。
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。