空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グッドナイト&グッドラック
≪映画感想 『グッドナイト&グッドラック』≫

伝説のジャーナリスト、エドワード・R・マローを描いた映画。
同じくジャーナリストを描いた映画には大傑作「インサイダー」があった(マローの名前が登場します。字幕では違うけど・・・)けれど、これは全く正反対のベクトルの映画。けれど、根っ子にある魅力は同じなのは面白いところ。

一見、ストイックな映画。
実にシンプルでタイト(上映時間わずか93分)なのは事実だけど、表面的な事実を追いかけるだけには終始していない。セリフが非常に多いけれど、しかし映画らしい映画でもある(カメラワーク&編集が巧み)。そしてまるで「行間」を読ませるような映画。・・・バランスが絶妙。ジャズの使い方といい、すごくセンスもいい。本人以上に本人らしいんじゃないか、と思わせるデヴィッド・ストラザーンもすごく良くて、番組の〆に使うセリフ・・・"Good Night,and Good Luck."にホレボレ。総じてカッコイイ、とにかくカッコイイ映画。

さて。実にドラマティックな物語だ。けれど安易な偉人伝にはなっていない。マッカーシー議員との対決だけでなく、TVの没落・・・そこまで踏み込んだ脚本もいい。シンプルな映画ながら、意外なくらい奥行きのある映画でもある。

マローは、娯楽へ逃避することに警鐘を鳴らし、知性と教養の大切さを訴える。・・・正論ではある。けれど正直、「堅い」。しかしこの映画ではそれが不思議なくらい素直に響いてくる。
監督ジョージ・クルーニーは、マローのメッセージを大切にしたような・・・まるでニュース番組を見るようなタッチで描きながらも、しかし映画としての面白さも忘れず、知性から滲み出る魅力を見事に抽出した。だから、マローのメッセージも素直に響き、そして魅きつけられるものがあるのだろう。

ラストシーン、"Good Night,and Good Luck."・・・遠ざかる足音。完璧。
とても知的でカッコイイ映画。社会派ドラマと言い切ってしまうのは惜しい。

グッドナイト&グッドラック

スポンサーサイト

テーマ:グッドナイト&グッドラック - ジャンル:映画

初バトン
このブログだけ見てる人には、よく分からないと思うけど。
バトンが回ってきたので、回答。
(このブログ、mixiにリンクを張ってるのです)
チェックさん、ご指名どうもです。


1.回す人を5人指名

そういうのは苦手なので、
これを見てやりたい人がいたらやって下さいな。
(優柔不断だよな、俺)


2.名前は

右に書いてあるとおり。
友人がすでに「エンタープライズ」を名乗っていた、
という消極的な命名の裏話あり(笑)。
でも意味が好きだから。今ではこれで良かったと思う。


3.年齢

25歳。


4.職業

フリーター・・・?


5.趣味

映画鑑賞、読書、ジョギング、水泳。
たまに料理をしたり、絵を見に行ったりもする。
(どっちも語れるほどのモノではないけど)


6.好きな異性のタイプ

優しさのある人。情熱的な人。繊細な人。


7.特技

ないな・・・作らないといけませぬ。


8.資格

英検2級
普通免許


9.悩み

焦ること。リラックスできないこと。


10.好きな食べ物、嫌いな食べ物

<好きな食べ物>
珍しいもの。辛いもの。素朴なもの。郷土料理。
          
<嫌いな食べ物>
特になし、・・・だけど。
あえて言えば「ベジマイト」。
あれは食品じゃありません!医薬品ですっ!


11.愛する人へ一言

この質問はパス(笑)。
運命じゃない人
≪映画感想 『運命じゃない人』≫

とある映画のレビューを見てたら偶然発見した映画だけど。ひゃっ!これは面白ひ。脚本の勝利。しかし、困った。困った。困った。どう感想を書くべきか。うーーーん・・・・・・・・・・。
・・・以下、奥歯に物が挟まったような表現が続く(笑)。

とりあえず、最初はフツーのラブコメ。見てるこっちがむず痒くなりそうな・・・眉毛を掻きたくなるような(笑)・・・そんなテイストの。でも、ベタな展開にいちいちツッコミを入れるかのような「間」が面白いです。

悪くはないけど、でもまぁこんな映画なの?と思っていたら。
ん?・・・?!・・・!?・・・なっとく!!あらら、実に不思議。まるで次々と玉葱の皮を剥くように・・・・・・・。あれとかこれとか、この手の映画は珍しくない気はするけれど。脚本のスマートさはちょっとしたものかと。やりすぎない上手さ。絶妙です。お見事!

これ、とにかく「面白さ」にこだわってます。
ここまで徹底されてると、愉快痛快、幸せいっぱい?!最後の最後まで遊び心があるので、エンドクレジットは最後?まで見ましょうね(笑)。
観たら思わず膝を打ちたくなる?!だまされたと思って!と言いたくなりますな(・・・でも、だまされても保証はしませんっ)。

まぁ、ともかく。この監督の次回作は激しく気になります・・・・。

運命じゃない人

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

甘い願望
今は気分が落ち着いてる。
上向いてきている。
何事にも自信が持てない俺だが、
それでも、なんとなく自分で分かる。

次のバイトのため履歴書を出した。
採用されたい。働きたい。償いたい。自分のために。

次は上手くいくといいのだが。
・・・甘い願望かもしれないけれど。

ま、頑張ろう。
今までやってきたことを・・・また続けよう。

テーマ:つぶやき。。。 - ジャンル:日記

アンダーグラウンド
≪映画感想 『アンダーグラウンド』≫

一体全体なんだこりゃ?!とにかく、もの凄いパワーに圧倒・・・。

今は無きユーゴスラヴィアの50年もの歴史を追ったスケール大きなドラマ。SF/ファンタジーばりの奇想、そして豊かなイマジネーション(空飛ぶ花嫁、動く「島」)にあふれたホラ話。歌って踊り狂う、ミュージカルばりのコメディ。寓話。劇中劇の要素もあり。とにかく、なんでもござれ(虚実ない交ぜの手法は、一昔前のカップヌードルのCMの元ネタでもある)。
ごった煮・・・でも、大味などとは無縁の繊細さもある。愛情、友情、裏切り。清廉、屈折した感情の絡み合い。頭のネジがはずれたような奴らばかりではあるけれど(笑、まともなのはマルコだけ?)、各々のキャラクターの哀しみをあまねく掬いとってもみせる。
その対比。陰影。・・・まったく、クストリッツア監督はたしかに天才。

それにしても。
冒頭に登場する、むかしむかしあるところにこんな国がありましたとさ・・・そんな御とぎ話のようなテロップがピタリと合ってしまうという事実。痛い。ほんとうに痛い。亡国の念、そして身内同士での殺し合い・・・あまりに強烈すぎて、ちょっと僕なんかには掴みきれない。
ときに躁的なくらいハシャギまくるキャラクター達ではあるけれど(始めて観たときはもう止めてくれ!と思う、笑)、それゆえ、ときに哀しく、そして輝いても見える。深い深い哀しみのなかにあるはずの、ラストは特に。

それでも、彼らはいつものように歌い踊り笑い続ける。
「真昼の暗黒を誰も知らない~♪(たしか、そんな感じだったと思う)」・・・そんな歌をカラッと陽気に歌い上げてしまう力。それが何より心に響いた。

アンダーグラウンド

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

実感
現在、静養中&求職中(といってもバイトだけど)。
ここ1週間は天井を眺め続けて、一日一日を紙クズのように捨ててしまった。くそっ、無駄なことを(・・・って、自分のことなのに)。

ああ、でも。
先週は、30㌔を走った。初挑戦。さすがにキツい。
膝がガクガク、足の指の爪が禿げそうな痛み。
機械的に足は前に踏み出せるものの、ふとすると立ち止まりそうな気が。
手を思い切り咬んで、その痛みで迷いを打ち消す。
ランナーって、ほんと、マゾヒスト(笑)。

なんとか完走。達成感はあった。
でもそのときは、正直、ひどく虚しくもあったんだが。
なぜだろう。

まぁ、でも。
映画は人生のスパイスに過ぎないが。
(でも僕には極上のそれではある、笑)。
走るのは生きてる実感を得られる。
・・・今思えばね。

フルマラソン・・・青島太平洋マラソンまで、あと約7カ月。
完走までの道程は、まだまだ長い。
沈黙
≪読書感想 『沈黙』≫

ああ、もっと早くに読んでれば良かった・・・と思う小説がある。これもそのひとつ。頭をハンマーで殴られたような衝撃と、猛烈な感動。すごい小説だと思う。

キリストの受難・・・それを日本を舞台に再構築してみせたような本作。信仰心がない僕は、そこに食わず嫌いをしていたけれど・・・考えられるありとあらゆる葛藤のなか、主人公ロドリゴ神父が信仰・・・そしてそこから生まれる慈しみの心を保とうする姿には、垣根を越えて深く感動させられるものがある。

さて、神の沈黙・・・そんなのが題材だからきっと重くて読みづらい小説なんだろうな、と思っていたら。意外なくらい、読みものとしてグイグイ読ませる。主人公の葛藤が重層的に描かれていくさまは、ミステリー小説を読むかのように引きつけられていく。始めは日記風なのがまた効果的で、物語に入り込み易い。
けれど、三人称の文体になってからは冷徹なぐらい客観的。たとえば主人公の行動を自尊心からくるものだと分析したり・・・信仰に対するあらゆる問いかけをし、また主人公に寄り添いながらも遠巻きに眺めたような描写は、作者はほんとにキリスト教徒なの?!と思いたくなるぐらい。宗教に懐疑的なぼくが、普段疑問に思うようなことがバシバシ投げかけれていく。驚いた。冷静な宗教論としても面白い。

極限にまで悩み、その先に見えたもの。それをなんといっていいのだろう?小説は結果的に一つの選択をさせるけれど、どちらを選んでも正解はない、どちらも悩み続ける道。苦い味が口中に広がるような読後感、それでも不思議と温かさのようなものもある。
それを妥協という人もいるかもしれない。しかし・・・ぼくはそこに苦しんだ果てだからこそ得られる、真の信仰、そして救い・・・そんなものを感じた。

その嘘のなさに魅かれるのかもしれない。

沈黙

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

ブロークン・フラワーズ
≪映画感想 『ブロークン・フラワーズ』

妙~~~に、あと引く映画。
劇中流れるエチオピア音楽がリフレイン・・・・。

そこにいるだけで可笑しみと哀愁の漂う男=ビル・マーレイ。
「天才マックスの世界」以来彼のファンなのだけれど。この映画でも魅力全開でニンマリ。・・・いやまぁ、いつものムッツリ顔なんだけど(笑)。

ジム・ジャームッシュ監督の映画はこれが始めて。
一体全体マジなのか冗談なのかよく分からん、すっ呆けたノリで、マーレイさんとの相性もピッタリ(相性が少々良すぎて、淡白な気もしないでもないが・・・)。
まぁ、でも。「自分探しの旅」なんてのを、澄ました顔で語ってみせるセンスは好き。旅のなかで、主人公は過ぎ去りし過去を痛感するわけだが・・・ジャームッシュ監督は、くどくどと感傷に浸ったりはしない。でも、マーレイの後ろ姿、"Do I ?"なんていう、ただそれだけのものから滲ませてみせる。上手いと思う。多用されるフェイド・アウトも不思議な味わいあり。

・・・それにしても。最後の最後まで、すっ呆けた味わいの本作。
でもラストの、疲れきったような・・・諦めたような・・・いやいや、すべてを悟りきったような、ビル・マーレイの表情は格別の味わい。・・・いやまぁ、いつものムッツリ顔なんだけど(笑)。
過去は過去、大事なのは今・・・劇中でも言うように、そんなメッセージの本作(しかしこの台詞、まったく情感がこもってなかった、笑)。そんなのもこの顔があるから、胸が締めつけられ、響くものがある。

観終わって、「ま、いいか・・・」。そんな気分になる映画。

broken_flowers.jpeg

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

自分を表に出すこと
今日は、岩国基地の航空祭に行く予定だったが。
体調すぐれず、見送る。だからこうして日記を書いてる。
なんか哀しい(苦笑)。

さて、最近のこと。

近頃、やたらと「人の目」・・・人からどう思われるか・・・人から嫌われるのじゃないか・・・そういうことばかり、気になって気になって気になって、自分を表に出すのがとってもしんどい。はぁ。いつもは、そうしたものをフタをして押し込んで誤魔化したりするけど。今はそれがしんどい。はぁ。外に出るのも、映画を観るのも(笑)、すべて嫌になるときもあり。ずっと眠りたい。現実逃避。
(・・・あ、前の日記に戻ってる(苦笑)。また始まった(笑)。ま、いいかっ。)

そうしたとき、ぼうっと天井を眺めていると。
ふと、印象派の絵を見に行ったことを思い出した。

絵を見るのは・・・映画のなかの完璧な1シーンを見るような面白さがあると思うのだけど。それともう一つ。画家の感覚が、ダイレクトに表れ、凝縮されている、たったひとつの絵の中に・・・というのもあると思う。自由に自分の感覚を表現すること・・・好みはあれど、そうしたものは見ていて気持ちがいい。画家は自由だ。絵のなかでは。

不安や恐怖はあっても(そうしたものに捕らわれ続けた画家もいるわけで)、自分の感覚を表に出す・・・それに絵のなかでは自由な世界でも、画家は現実をしっかりと見よう、感じようという意思がある。

すごいよなぁ。強い憧れ。

さてさて、これからどうするか。
・・・疲れた。寝よう(あれ?!)。
ま、日記を書く余裕が今はあるのですが(笑)。

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。