空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ダーク・ウォーター
【映画感想 『ダーク・ウォーター』】

なぜなぜ、『モーターサイクル・ダイアリーズ』の名匠がホラーを???
・・・が、意外と監督らしい映画になっていてホッとする。『セントラル・ステーション』系譜の映画だと思えば納得。ただ恐怖演出に関しては、あんまり上手くなかった気がする。音には「らしい」こだわりを感じるも、観客をじりじり心理的に追い込むような緊迫感が希薄。あまりそういう部分に頓着してない印象さえある。吃驚するくらい、怖くない(笑)。

で、つまらない映画かというと。そうではなく。
人物描写が丁寧。脇役の描写の皮肉さ、冷静さ(人を心配をしているようで実は無関心だったり)もさりげないが一味違う。普通ならサブエピソードで終わりそうな「離婚問題」も、物語に深く食い込んでくる。人間ドラマとしてしっかり造り込んである。

主人公を演じる、ジェニファー・コネリーがとても良かった。
「ビューティフル・マインド」での包容力と「砂と霧の家」での脆さ、複雑さ。その両方をここでは見せてくれる。元々ホラー・クイーンだけあって、映画の雰囲気にもピッタリ。・・・雨がたえず降り、重く寒々しいルーズベルト島の街並み。ムードのある中、彼女が直面する不可思議な出来事を通して、しだいにドラマ・・・「心の傷」「母と子の絆」が絡み合い、ジワジワと深まっていく過程に引きつけられる。

ホラー/サスペンスと、ドラマとしての部分の剥離は気になるものの。
あら筋はホラーらしい映画なれど、そこに情感がこもるとこんなにも違ってみえる。ラスト、哀しみの中にある優しさ。繊細な味わいに胸が締めつけられる。

ダーク・ウォーター
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

バトン『映画』
またバトンが回ってきたので回答。
スウィングマンさん、どうもです。


■■[指定型★バトン]のルール■■■

廻してくれた人から貰った『指定』を『』の中に入れて答えること
また、廻す時、その人に指定すること

今回のお題はー
『映画』


◆最近思う『映画』

大好きなマイケル・マン監督の新作『マイアミ・バイス』が気になる。
これ、予告編がいい!!
・・・が、噂によるとテスト試写で酷評されてるらしい。
予告を見る限りは、傑作にしか見えないけどなー。

◆この『映画』には感動
 
いっぱいあるけど。持ってるDVDの中から選べば。
『ガタカ』『マグノリア』『ミリオンダラー・ベイビー』。
どれも、希望と絶望が「ない交ぜ」になった映画ですな。

◆直感的『映画』

デヴィッド・リンチの映画とか。
エド・ウッドの映画とか・・・?

◆好きな『映画』

ありすぎて・・・絞れん。
でも、たぶんいつまでも好きな映画は『ライト・スタッフ』。
ヒコーキが好きだし、内容的にも自分の好みにドンピシャ。

◆こんな『映画』は嫌だ

『アルマゲドン2 帰ってきたハリー』
『パールハーバー2 アメリカの逆襲』

◆この世に『映画』がなかったら

ちょっと寂しくなるな。

◆次に回す人(『指定』付きで)

お持ち帰りということで。
『』の中に好きなものをどうぞ。

テーマ:バトン - ジャンル:日記

自由に走る
普段は自分で決めたコースを走っているけど。
この日は、なんとはなしに自由に走った。気の向くままに。
ちょっとした路地裏が未知の世界。
知ってるようで知らなかった近所の姿に、嬉しい驚き。

走ったのは真昼間。
太陽がじりじり照りつける。汗をドッとかく。
が、それも不思議と気にならない。

開放感。どこまでも走れそう・・・・。


・・・たとえまた走っても、いつもこんな気分を味わえるわけじゃない。
走り続けて良かった、と思える瞬間。大切にしたい。
この感覚を味わうと書きたくなる。何度でも。

テーマ:ちょっとした出来事 - ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。