空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鉄コン筋クリート
【映画感想】
鉄コン筋クリート

松本大洋の原作は未読(なのでチケット売り場で『鉄筋コンクリート』と言ってしまった、恥っ)。パっと見、連想したのは『AKIRA』。見続けていくと、少年版『ファイト・クラブ』?いやバイレントな『未来少年コナン』というべきか。辺り構わず、ところ狭しと街を疾走!高さなんて関係ないぜ!とばかりに駆けめぐる(でもそれなりに物理法則、ズシンとした重みあり)縦横無尽さ。主人公クロとシロは親に捨てられ社会から見放された子供、いやガキどもで、誰にも何にも縛られず生きているのだが、そんな設定と自由奔放なアクションが連動し、その躍動感が見ていて気持ちがイイ。さながら重力からも社会からも解き放たれているようで。とはいえ。それだけなら、それこそ『未来少年コナン』。でもこの映画の味つけはジブリ作品の上品さとは無縁。このガキども自分たちだけの力で生き抜いてるから、自分だけのルールに従っている。社会のルールなんてお構いなし。手に負えない凶暴な奴らでもあり。近頃観た『ラストキング・オブ・スコットランド』でのセリフに「子供だからこそ余計に怖い」なんてのがあったけれど、それ、ズバリこの映画にも当てはまりそう。剥き出しの本能。滴り落ち、口の中に広がる血の味。混じりっ気なしのそれには、アドレナリンが湧くのも事実なんだけど。
映画はそんな主人公たちのエピソードを縦軸に、横軸に「大人の事情」を絡めていく。出てくる奴ら、刑事以外はワルばかり。が、族でもヤクザでも守るべきものがあったりもする。しかしそれをネタに強請り、裏切り、汚い手段を使う。「てめぇ、汚ねぇぞ!」「悪いな、こっちはプロなんでねぇ」。上には上がいる。キリがない、どす黒い世界。そんな中では手に負えないガキどもといえども、その行動には純粋さを感じたりもする。惹きつけられたりもする。が、やがて彼らも事情に絡めとられ、壁にぶち当たる。自分の力では刃向かえないものに。

物語の舞台となる街は、『ブレードランナー』のLAのように無国籍。それでいて昭和の香り、懐かしさがある不思議な街。画面全体から現実離れした淡いブルーをどことなく感じるので(空のせい?)、摩訶不思議さが一層際立つ。子供が想像力をぶち撒けたような(だからクロが「オレの街だ」なんて言うとやたら似合う)奔放さ。でもそんな街が舞台でも、骨格にあるのは普遍的なストーリー。自分より大きなもの、突き詰めれば抽象的で曖昧な社会というもの(の一部分か)と向き合ったときの物語。

ところで、『未来少年コナン』のようと書いたけれど。あくまで強固なコナンとラナの関係に対し、クロとシロのそれはしだいに揺さぶられてくる。限りが見てくる。アンチテーゼ?・・・ま、といっても、クロとシロはどっちも少年(「やおい」か?とも思うな、苦笑)。二人の関係は置き換えられて面白い。兄弟のようでもあり。男と女の関係のようでもあり。一人の人間を名前、クロとシロに象徴させて分割させたようでもあり。ともあれ。クロの持つものは力。シロは空想。お互いがお互いを補い合い、どちらが欠けても不安定。特にヤクザも怯む力を持つクロが、独りの存在としてはどうしようもなく脆いというのがこの物語のミソで面白いところ。クロに依存しているシロの方が、自立することを覚えれば存在としては強いものにも見える。シロには未来があるがクロにはそれがない。
この映画、ガキが鉄パイプを振り下ろすシーンなんてのがあるとはいえ、根っこにあるものは意外なくらい真摯(これに比べれば「ディパーテッド」のほうが余程アンモラル)。いっそ、アナーキーに突っ走って欲しかった気もするくらい(実際物語的にもそういう道を選ぶことも出来た)。でもそうはしなかなった。壁にぶち当たったときどうするか?それに対するこの映画の答えは、何かを信じること。未来を信じることによって、はじめてクロの生きる道も開けてくる。

そういえば、空想に耽るシロの姿には我が身が重なり懐かしさを感じた。それは僕も子供の頃、絵を描きまくった時期があったからで。落書き帳に絵を(これがまた下手クソ!)ひたすら描いていたあの時は、周りを意識せず思うままを表現出来た。今、同じようことをしろと言われても出来ない(シロとクロが混じり合い、中途半端なグレーの人間になってしまったと思う)。だけど周囲を意識しないそういう力は、今でも強いエネルギーになる。だから自由奔放なクロとシロの物語は、いいなと思う。それに加えてこの映画は、二人の物語をそこに留まらせずさらに一歩押し進めることによって見えてくるもの、それがあるからとってもいい。

鉄コン筋クリート
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

世界最速のインディアン
【映画感想】
世界最速のインディアン
"The World's Fastest Indian"

世界記録に挑戦した生粋のバイク野郎の実話。
バイク、スピード、限界への挑戦。ずばり!好みな題材。ただ、演出は手放しでは誉められない。この映画はエピソードのひとつひとつが「いい話」に収束してしまう(ほんの少しの例外を除く)。これには初め乗りづらかった。出てくる人出てくる人、みんな結局いい奴ばかり!監督曰く、全て実話に基づいているそうなんだが、いくらなんでも出来過ぎだろ!!とツッコミたくもなる(数年間に起こった出来事の中から、良さげな話だけをチョイスし繋ぎ合わせたと推測)。受けつけない人はとことん受けつけないだろう。ご都合主義と言われても無理はない。とはいえ、ぼくはこの形式を苦笑いしつつも受け入れてしまった。あまりに開き直りがいいと云うべきか。ここまでされるとアッパレ。それが理由の一つ。

それに加えて、この都合のいい話(よく云えばファンタジー)を受け入れられた理由。それは主人公バート・マンローという人物、そしてそれを体現するアンソニー・ホプキンスの魅力。これに尽きる。バート・マンロー、彼の夢に向かって突き進む執念はとにかくスゴイ。ものスゴイ。何しろ40年前のバイクをひたすらチューンアップし続け、世界記録を出せるバイクにまで育て上げたのだから。バイクとスピードに駆ける意気込みは半端なもんじゃない。これまたアッパレ。
とはいえ奇人変人(実際隣人にいたらさぞかし迷惑な人物だと思われ)、一歩間違えばその執念は狂気のキャラクター(なのでレクター博士ことホプキンス氏のキャスティングにも納得)。けれどそんな彼を魅力的にしている要素は他にもある。それはとってもお茶目でチャーミングなこと。そんな彼の資質は子供のような飽くなき挑戦心から生まれるのだろうけど、そこに老いが被さることによって深みのあるものを感じさせる。マンロー氏が世界記録に挑戦したのは齢63のこと。彼の分け隔てない人への接し方は、人生を知り尽くした者が持つ包容力も感じるさせる。ふと発する言葉には、時の流れと重みが含まれている。そういう時に見せるアンソニー・ホプキンスの表情が、渋みを感じさせ逸品。

老いると頑固になり狭い世界に閉じこもる人もいるが。でも例えば近頃のクリント・イーストウッド監督の活躍を見て思うのだけど、老いを味方につけ逆に外へ飛び出そうとする人のエネルギーには底知れぬものを感じる。それがバート・マンロー(&アンソニー・ホプキンス)にもある。この映画を観て、老いた者が持つ深みを感じても彼を老人と意識する人はいないと思う(ちなみにバートはモテるし恋もする。それも分け隔てなく。いや、見境なくか?!)。体は少々ガタついても一人の人間として凄い。それはバートがひたすら磨き上げ続けた40年前のバイク、インディアンに秘められた力と同じ。まさにバートとインディアンは一心同体!

ともあれ。こういう主人公だからこそ「いい話」に収束してしまう展開、みんないい奴!も許せたのだと思う。映画の中で、彼の周りにいつの間にか仲間が出来ている場面があるのだが、そのシーンがすんなりと映画に収まっている(練り込まれたエピソードよりも余程)。それともうひとつ。そういう場面で印象に残ったのが、バートが初めて悲願の地ボンヌヴィルで他の記録挑戦者と出会うところ。彼らは初対面。が、まるで面識があるかのように「記録に挑戦するにはいい状態だな」などと話し、そのあと始めて自己紹介を交わす。バートの人柄の魅力しかり。彼のスピードやバイクに賭ける執念しかり。それらがあればこそ、の場面の流れ。

さて、クライマックスはもちろん世界記録への挑戦。
真っ青な空の下、白い大地の上を、赤いバイクがただ一点を目指し疾走する。それまでタメにタメていたエネルギーが遂に解放される場面。それだけにそこには、えも言われぬ興奮、高揚感があり。・・・そして後に残るのは、ただただ清清しさ。バートの夢への情熱。そして彼を取り囲む人々の温かさ。
大分脚色された映画とは思うけれど。若くもない、孤高でもない、夢への挑戦者(書きそびれたが彼がニュージーランド人という点もミソ。彼ら独特の開拓者精神を"Kiwi Spirit"と呼ぶそう)の物語には、型枠はステレオタイプでも安易なサクセスストーリーとは違う魅力があり。何より、こういう人物のドラマを知れただけでも価値はあった(バート・マンローの根底にある精神はきっと現実も映画も同じ)。機会があれば自伝も読んでみたいものだ。


(追記)
実際のバート・マンローは結婚&離婚(そうだろうな、笑)の経験があり、4人の子供がいるそうな。ま、やっぱり映画は映画。でも生き様はしかと受け止めました。

世界最速のインディアン

テーマ:見た映画の感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。