空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
モーターサイクル・ダイアリーズ
<映画感想「モーターサイクル・ダイアリーズ」>

余韻が素晴らしい映画。
じっと噛みしめたくなるような・・・。
これは「心の旅」を描いた映画。
青年エルネストがチェ・ゲバラへと変わりゆくきっかけを、ささやかに描く。

実話ということもあり。
旅の模様を淡々と描写した映画。ケレンはない。
でも、ひとつひとつのエピソードに血の通った温もりがある。
バイクの疾走感、南米の雄大で美しい風景、微笑ましいエピソード・・・
不思議と見所は尽きない。
友人アルベルトとの凸凹コンビぶり、エルネストの馬鹿正直さ、
ダンスの下手なことには毎度毎度、ニンマリ。
まずは、旅って楽しいもんだな・・・そう思わせてくれる。

さて。
ラスト、観客は青年エルネストの「その後」を知る。
彼がこの旅で何を感じ、そして得たのか・・・・
夕暮れどきを静かに飛び立つ飛行機を眺めながら、思いを馳せるだろう。
そのとき、映画はぐっと立体感を増す。
点と点でバラバラだったエピソードの数々がひとつにまとまり、
大きな意味を持ち、この旅がもうひとつの現実となる。
そこで強く強く感じるのは、この旅はただ距離を行くだけでは得られない・・・
「心の旅」でもあるということ。

ロードムービーは数多い。
しかしこの映画は、エルネストのそんな心の旅をくっきりと描くことによって、出色の作品となった。
余韻にじっくりと浸りたい・・・そんな傑作。
旅行好きだけでなく、人生を歩くすべての旅人に観てもらいたい。

モーターサイクル・ダイアリーズ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ラダー型ポートフォリオと30代,40代の転職
ラダー型ポートフォリオとは、債券ポートフォリオの形態を表す言葉で、短期債、中期債、長期債をバランス良く保有するポートフォリオのこと http://charked.catvtestchips.com/
2008/12/02(火) | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。