空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バス男
≪映画感想「バス男」≫

「バス男」。

・・・・・・・なんちゅー邦題!!!
(原題は"Napoleon Dynamite")
だがしかし、これは面白い・・・。
ゆるゆる、またーり~な「ザ・ナポレオン・ワールド」がツボを直撃!
これ、一旦はまり込むと抜け出せんわ・・・。
主人公ナポレオンと一緒に、口をぽかーんと開けて鑑賞しましょう~♪

これ、すごく演出が独特な映画だった。
まるで主人公ナポレオン自身が撮ったかのような、
ゆるゆる、またーり~なタッチ。
ひじょう~に説明しづらいのだが・・・

画面がとにかく動かない。
「間」が独特。絶妙。

・・・な感じ。
一見、地味で手抜きに見えながら。
色彩に統一感があったり。構図がびしっとキマってたり。
この監督、タダ者ではない。
(そういや、オープニングからしてユニーク!アイデアの勝利!!)

「天才マックスの世界」「パンチドランク・ラブ」が好きな人は
ぜったいに観るべし。

ちなみに映画のテーマは「人は変われるんだ」。
ありがちといえば、ありがちではあるが・・・
でも、うん、こういうのって何度見てもいい。

ダメ人間ナポレオンに共振する部分があるせいか、
ぼくも口をぽかーんと開けちゃいそうになり、
現実社会に復帰できるかひどく心配になったけれど(笑)、
最後には、ほんのりと心が温かくなる。
いい映画です。

・・・・それにしても、これ、中毒性があるよ~!

(追記)
この映画の監督ジャレッド・ヘスの最新作は、
ジャック・ブラックと組んだ"Nacho Libre"。

孤児のために覆面レスラーになった神父さまのお話(実話だって?!)。
予告編を一見しただけで、相変わらずヘン(笑)。
暑苦しいブラックさんを、どう、またーり~と料理するか楽しみ。

バス男・・・って、この邦題何???
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
乾物・粉類
2008/12/01(月) | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。