空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
沈黙
≪読書感想 『沈黙』≫

ああ、もっと早くに読んでれば良かった・・・と思う小説がある。これもそのひとつ。頭をハンマーで殴られたような衝撃と、猛烈な感動。すごい小説だと思う。

キリストの受難・・・それを日本を舞台に再構築してみせたような本作。信仰心がない僕は、そこに食わず嫌いをしていたけれど・・・考えられるありとあらゆる葛藤のなか、主人公ロドリゴ神父が信仰・・・そしてそこから生まれる慈しみの心を保とうする姿には、垣根を越えて深く感動させられるものがある。

さて、神の沈黙・・・そんなのが題材だからきっと重くて読みづらい小説なんだろうな、と思っていたら。意外なくらい、読みものとしてグイグイ読ませる。主人公の葛藤が重層的に描かれていくさまは、ミステリー小説を読むかのように引きつけられていく。始めは日記風なのがまた効果的で、物語に入り込み易い。
けれど、三人称の文体になってからは冷徹なぐらい客観的。たとえば主人公の行動を自尊心からくるものだと分析したり・・・信仰に対するあらゆる問いかけをし、また主人公に寄り添いながらも遠巻きに眺めたような描写は、作者はほんとにキリスト教徒なの?!と思いたくなるぐらい。宗教に懐疑的なぼくが、普段疑問に思うようなことがバシバシ投げかけれていく。驚いた。冷静な宗教論としても面白い。

極限にまで悩み、その先に見えたもの。それをなんといっていいのだろう?小説は結果的に一つの選択をさせるけれど、どちらを選んでも正解はない、どちらも悩み続ける道。苦い味が口中に広がるような読後感、それでも不思議と温かさのようなものもある。
それを妥協という人もいるかもしれない。しかし・・・ぼくはそこに苦しんだ果てだからこそ得られる、真の信仰、そして救い・・・そんなものを感じた。

その嘘のなさに魅かれるのかもしれない。

沈黙
スポンサーサイト

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コメント
この記事へのコメント
こんばんはー。
「沈黙」全部読んだんですね~。私は前にも話したけど、以前途中で挫折してしまったので、興味しんしんです。
遠藤周作の宗教に対して盲目的でないところとか、人間の心についての深い目線とかいいよね。
「海と毒薬」もいいよ~。「沈黙」、も1回挑戦してみよう!
2006/05/05(金) | URL | たおずぷりん #Pe0og0Jg[ 編集]
「沈黙」は、いい小説だと思います。
ぜひ最後まで読んでみて下さい。

遠藤周作はこれだけキリスト教に対し冷静さがありながらも、
(それゆえ?)強固な信仰心があることに・・・とても引きつけられます。

「海と毒薬」、いいですか~。
良心、罪悪感・・・そういうの好きなので(笑)、気になります。

ともあれ。
こういう小説がもっと読みたいです。
2006/05/06(土) | URL | エクセルシオ #-[ 編集]
良心、罪悪感・・・
海と毒薬もそういうのが好きな人にうってつけの内容だと思います。
戦時中の人体実験の話だから、重たいけどね。
良心、罪悪感・・・そういうことをテーマに扱ってりゃ重たいやね(笑。
その重厚感がいい。
「海と毒薬」もまた読み返したいなあ。
2006/05/06(土) | URL | たおずぷりん #Pe0og0Jg[ 編集]
うってつけですか。
重みのある小説も好きですね。

「沈黙」のように読ませる力があるかが
気になるところです。
2006/05/06(土) | URL | エクセルシオ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。