空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もうひとつの足跡
青島太平洋マラソン大会


去年は期間従業員をしたのに加えて。もうひとつ、足跡を残した。
二年前、初めて5㌔のマラソン大会に出場したときからの目標。
悲願だったフルマラソン。
国際青島太平洋マラソン大会」に出場した。

はじめての42.195㌔。
でもレースへ向き合った姿勢はいつもと変わらない。
前半は力を蓄えて。後半からが本番だと自分に言い聞かせる。
とはいえ、さすがにフルともなると今までと違う。
1キロ、1キロの距離表示が、半端じゃなくしんどい。
まだ5キロ、まだまだ10キロ、やっと20キロ・・・・・・・・・・。
いつまで走り続けられるか。そんな気分になる。

くわえて。別の意味で距離の差を感じるのが、お腹が空くこと(笑)。
水分補給だけではエネルギーが枯渇する。
有り難いことに、オフィシャルの給水所だけではなく、
沿道の応援者の方が飴やチョコレートを差し入れてくれる。
これは本当に助かる。
声援も熱く、周囲との不思議な一体感。

折り返し地点を過ぎてからは、しばらく気分よく走る。
ランナーズ・ハイらしきものを感じる。
でも残り10キロを過ぎてからは、足はパンパン。頭の中は真っ白。
それでも足だけは前へ前へ。
・・・ふと気がつくと見えるゴールの門。
それまでは走るだけでやっとだったのに不思議と出来るラストスパート。
大会に出場したときにだけ出せる力。
自分ひとりで走っていては引き出せないもの。
ゴール・・・・・。

所感。
もちろん達成感はあった。
でも感じたのは満ち足りた思いよりもむしろ、
やっと足固めが出来た、そんな感覚。
走るのが好きな理由の一つは、限界に挑戦出来るからだけど。
まだ力を伸ばせる気がした。
次の目標、ウルトラマラソンの完走。
フルマラソンで三時間のタイムを切ること。
やりたいことは、まだまだある。

それと。
「芯になるものがあってこそ、他の物事も楽しめる」
・・・とは尊敬してる友人の言葉なのだけれど。
僕は走りを通してその芯をようやく掴めた気がする。
それを手放したくない。
走る習慣を今のように続けられるとは思わないが。
でも走ることはずっと続けていこう。どんな形であれ。

最後に。
一緒に大会に出場して下さったNさん、
(つれない一言を聞き逃してくれた大らかさに敬意を表しつつ)
わざわざ応援に来てくれたOさん、写真を撮ってくれたIさんに
感謝の意を表しておきたい。
あと。二年前、マラソン大会に出場したのは小さな偶然・・・
ある方からの勧めがあったからこそ。
走ることは自分との闘い。そこから多くのことを学べたが。
でも人との縁があったからこそ、手に入れることが出来たものかもしれない。このことは忘れずにいたい。その方にも謝辞を表しておきたい。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
「芯になるものがあってこそ、他の物事も楽しめる」 > 
コレ、椎名も感じています。 
「何をもって貫くのか?」「貫く為の芯とは?」と、という考えが頭を過ります。 
楽しむ為には生きるという事。生きる為には折れない心の強さが要る。 
「だからボクは折れる訳にはいかない」 
ただそれだけなんですけどね(^^9 
2007/01/20(土) | URL | NIKE #5AJHhAT.[ 編集]
>NIKEさん

楽しむ為には生きるという事。
生きる為には折れない心の強さが要る。>
・・・いいですね、この言葉。
頭の片隅に入れておきたいです。
(ぼくは後者ばかりに目がいって、
ふたつが上手くつながっていないので)

ただそれだけなんですけどね>
気負わないこと。
それも大切なのかも。
2007/01/21(日) | URL | エクセルシオ #STO9711o[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。