空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リトル・ミス・サンシャイン
【映画感想】
リトル・ミス・サンシャイン
"Little Miss Sunshine"

飛び抜けたものはない。目新しさもない。インディペンデント系のドラマにも少々食傷気味・・・余程個性がないと記憶に残らなくなっているけれど。この映画に限っては、むしろそのクセのなさが良かったのかも。

映画が始まってから直ぐ画面に次々と登場するのは、どこかにいそうな気もする家族。フーヴァー家の姿。・・・とはいえ、ニーチェに触発されて「沈黙の誓い」を守り続けている兄ちゃんとか、ドラッグと女に目がない祖父ちゃんなぞは、そうはいないかもしれないが・・・・でもエキセントリックな印象だけがするわけじゃない。俳優の演技のおかげもあると思う(「おじさん」を演じるスティーブ・カレルがいい例、抑えたいい味)。それともう一つ。彼らのそんな姿には理由があるから、一風変わったの一言で片付けられない。映画のキーワードは「勝ち組」「負け組」だが。それと結びついている。

この映画は登場するエピソードのひとつひとつが、主人公たちが負け組であることを悟らされるという、苦~いエピソードで貫かれている。でも、ユーモアとキャラクターに込められた愛情故か、ドライでもないし、ベタベタと感傷的でもないし、ましてや高みから笑い飛ばした感じもしない。フーヴァー家をよく知る友人がホームビデオで撮ったような・・・なんて言ったらいいのかな。観客である僕の目線も自然とそんな感じになり、この一家の姿に引き込まれる。

さて、「勝ち組」「負け組」。そんな否定したくても、社会的にはカチリとはまり込んでしまう構図のカタチ(意地悪な見方をすれば、この映画が支持されている事実がそれを如実に表しているわけで)。この映画にはそれを吹き飛ばしてしまうモノがあるから、いい。といってもそれは敗者への悲歌的なものではなく。勝ち負けという区分を無くす、エネルギー。全てを悟ったように自由奔放な祖父ちゃん曰く、「本当の負け犬は、負けることを恐れて何も挑戦しないヤツらのことだ」。
(・・・この言葉、ズシンと胸に響きます)

強い個性のある映画ではないけれど。ひとつ大きなシンボルがある。それは一家が乗ることになる、古びた(でも味のある!)黄色のフォルクス・ワーゲンのバン。が、この車。途中から「押しがけ」しないといけない羽目になる・・・この状態に延々つきまとわされる、不運なフーヴァー家。
始め、あ~~~なんでこんなことやってんだ~!!!的な彼らの姿に笑うものの、終盤にはこれがガラリと印象が変わる。前へ前へ進もうとする、それぞれの気持ち。それが一つとなって生まれる力。一体感。それがこの行為からクッキリ見えてくる。感じる清清しさ。さらに見えてくるのは、苦労してここまで来たからこそ得られる喜び。

気負わず、ふらりと観たら。
いいもの観たな。・・・そんな気分になる、愛すべき憎めない映画。

リトル・ミス・サンシャイン
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。