空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ロッキー・ザ・ファイナル』
【映画感想】
ロッキー・ザ・ファイナル
"Rocky Balboa"

ボクシングを題材にした映画には優れた人間ドラマが多いと思う。個人的には50年に一本の傑作だと思う、重層的で神がかり的な作品『ミリオンダラー・ベイビー』。スコセッシ監督のベスト、破滅的な人物を妥協なく描ききった『レイジング・ブル』。ボクシング映画に付きものの闘争心をあえて省いた点がユニークな、サラリーマンボクサーの物語『シンデレラ・マン』。そして『ロッキー』。
ロッキー1作目は素朴な、とてもいい映画だった。アメリカンドリームを体現した映画とはよく言われるけれど、勝敗にこだわらず、その過程の価値を何より重んじている点でとても日本人好み。坂口安吾の言葉「行為の値打は、その人の信念によって支えられ、そこにだけしかないものだ」がぴったりくると思う(ロッキーで坂口安吾はないだろーと場外から言われるかもしれないけど)。

さて。ロッキーシリーズの完結編、この『ロッキー・ザ・ファイナル』。はっきり言って欠点も多い。メッセージを台詞で語りすぎて物語が説明的。魅力的な設定、とくに対戦相手の現役チャンプのそれ(彼は悪役ではなくて不人気に悩む一人のボクサー、これが最後にものすごく重要な要素になる)が活かせてない、などなど。それでもこれ、素直にいい映画だと思った。それは無骨で荒削りでパワフルな魅力があるから。もしそれを何か食べ物に例えて言うなら、頑固オヤジの作るとんこつラーメン(ちょっと個人的な嗜好が入ってます、笑)。それも間違っても今どきの小奇麗な店で出されるものではなくて。暖簾に年季の入った古めかしい店でのそれ。見てくれはちょっと悪いし目新しいものはないが、でも味はいい。
『ミリオンダラー~』の深遠さはこの映画にはないかもしれない。だけどあの映画では生み出せない、ストレートな気迫とガッツがある。それが映画全体からほとばしっている。さながらロッキーの生き様とこの『ロッキー・ザ・ファイナル』 自体が同化したよう。一本の映画として見ればアウトな造りも、これがロッキーの物語なんだと思えば妙に納得してくる。再びリングに立ち上がらんと突き進む彼の姿(ロッキーは年齢なんてぜんぜん気にしちゃいない、迷わない)が描かれば描かれる程に説明的と思えたものが熱く胸を湧かせるものになってくる。その熱い想いは、あの有名なテーマ曲をバックにしたトレーニングのシーン、そしてフィラデルフィア美術館でのガッツポーズで頂点へ!

「絶対に勝てない。でも15ラウンドまで戦えば、負け犬でないことを証明出来る。」
とは1作目でとても印象的だった台詞。この言葉、『ロッキー』と『ロッキー・ザ・ファイナル』の関係にも当てはまると思う。『ロッキー』の夢よ再び。そんなのどうやっても無理だ。1作目は自身無名の俳優だったシルベスター・スタローンだからこそ創れた映画なのだから。出来上がった映画を観ても『~ファイナル』には1作目にあった繊細さ(ロッキーが自分の不遇さを愚痴った後、教えを請いに行く後ろ姿を遠くから撮ったショットなど)なんかは皆無で、ドラマ面での演出は劣る。
(ただ今作のクライマックスの試合の臨場感はなかなかのもので、まるでいきなりTV中継の中に放り込まれたよう。途中経過も、鋭いカッティングと血が映えるモノクロの画面でより魅せる)

けれど。1作目にあった感動を、あれから30年経ち違う形で伝えたい。そういう想いはとにかくガツンと伝わってくる。そして自分を映画界へ引き上げてくれた『ロッキー』へのスタローンの深い深い感謝の念も、愛妻「エイドリアン」を通してひしひしと伝わってくる。その意気込みと想いに感服。『ロッキー・ザ・ファイナル』 は結局、試合に負けたのかもしれない。でも見事15ラウンドを戦い抜いた・・・とでも言いたくなる。『ロッキー・ザ・ファイナル』 は『ロッキー』にあった誇りを取り戻すまでの物語。『~ファイナル』は1作目の精神、勝敗を超えたもの、それを最後になって取り戻した。

ロッキー・ザ・ファイナル
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
オレも見ました
オレもロッキーザファイナルみました。なんとも印象深かったのはスタローンの変な発音のトークでした
2007/06/08(金) | URL | チェック #-[ 編集]
ああ、 訛りが強かったですね。

イタリア系だからなのでしょうが、
アクセントの正否はどうなのでしょうね。
2007/06/09(土) | URL | エクセルシオ #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2013/02/11(月) | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/25(金) | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/07/27(日) | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。