空想と現実と。エクセルシオの気ままなブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
硫黄島からの手紙
明けまして、おめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年は手を抜いて、年賀状はおろか、年賀メールさえ誰にも送ってませんでしたので、この場を借りて新年の挨拶を。・・・そんな無精者にも関わらず、年賀状&年賀メールを送って下さった皆さん、本当にありがとうございます。

さて、いつものブログを。

------------------------------------

【映画感想 「硫黄島からの手紙」】

「父親たちの星条旗」の手すさびなんじゃないか、そんな心配は杞憂。
映画としての緻密さは前作に譲るし、予算上の制約を感じはするものの。こちらにはストレートな戦争ドラマとしての魅力がある。さらにつけ加えれば、日本の描写の正確さは今までのアメリカ映画とは次元が違う・・・鑑賞中、これがアメリカ人監督の手によるものを忘れさせる程のもの・・・が、しかし単に日本兵をアメリカ兵と平等に描こうなどという映画でもない。とても冷静、それでいて敬愛に満ちた眼差しが感じられる映画。

この映画、イーストウッド監督らしい持ち味が存分に発揮されている。
栗林中将やバロン西こと西中佐といった実在した登場人物を、狂言回したる等身大の主人公の目線から描き・・・また回想場面を巧みに挿入することによって、行間から登場人物の心情が伝わってくる。映画全体に、近すぎず遠すぎない絶妙の距離感があり。そんな雰囲気にセピア調の画面が実によく映えている。
"Less is more"を掲げるイーストウッド監督には、日本というテーマとの相性がまたとても良かったのかもしれない。

映画は物語の舞台を絞り込み、そこにあること、戦場での事実を淡々と積み上げていく。捕らわれの身となる兵士を巡るエピソードの数々を取り上げただけでも、一つ一つがねじれて絡み合い、一面的な見方を拒む。複雑な思いに駆られる。そんな中、映画で特にクローズアップされるのは名誉と生と死。「父親たちの~」と同じく、ここでも安易な英雄の虚飾を暴いていく。強要される玉砕の痛ましさ、無謀な突撃の滑稽さ。それらの逸話は、死に急ぐことの無意味さがグサリと胸に突き刺さる。
しかし死を厭わず戦った者たちを、この映画は否定しない。渡辺謙演じる栗林中将しかり、西中佐しかり。己の信念に忠実であろうとした彼らの強靭さ。それは二人とも敵国をよく知る人間であるだけに、より一層忘れ難い。西中佐が部下に託す言葉(最善を尽くせ。自分の道を進め。それが正しい道だ。)は、迷える戦場でのさながら道標のようだ。

映画は、混沌として相容れない現実を描きつつも。
(栗林中将の台詞が印象的・・・家族がいるから戦う自分がいる。しかし、家族がいるから死ぬことを躊躇う自分もいる。)
共通するもの、同じ思いをそこからすくい取ってもみせる。手紙というツールを通して、それらがクッキリ見えてくる。それは、軍隊内での上下関係、いわんや国籍をも問わない。ラストではそれらは画面中に溢れだし、過去と現在という垣根さえも飛び越えてくる。

戦うことの皮肉さ(「コルト・ガバメント」を取り戻そうとするシーンは象徴的)を感じつつも。万感が込められただろうそれらを前にすると、戦場で散った全ての兵士に敬意の念を払わずにはいられない。
静かなピアノの調べと伴に、深い余韻に包まれる。


硫黄島からの手紙

テーマ:硫黄島二部作 - ジャンル:映画

そして思うこと
・・・・・帰還。
ブログを休止していた4ヶ月間、期間従業員をしていた。
仕事は終ったけれど。思いがまとまらなかった・・・が、ようやくそれが形になってきた。

幕切れは呆気なかった。
はじめは期間を満了したくてたまらなかったのに。非日常もやがて日常と化す・・・向こうでの生活に慣れたせいか、寮を離れるときは寂しささえあった。今振り返ると、さながら夢の中の出来事のようで、あそこに4ヶ月いた実感がない。ただ日記を読み返すと、そのとき感じたことを熱心に書き込んである。何かを掴もうと必死だったんだな。

仕事は、毎日毎日同じことの繰り返し。単純労働。
だけど職場で働いている人たちは様々だった。

・・・以前ある人に、人生の意義は?なんて質問をしたことがある。
その答えの1つが「教えを請うこと」。これ、とても印象に残っていて。僕に足りない、そして大事にしたいことなのだけれど。それがとても上手な人がいた。
その人は自分の無知を隠さずどの人にも話しかけてきた。平等に。対等に。それでいて、へり下ったような印象は不思議となかった。そんな自然な姿勢がとても記憶に残っている。

上司に物腰の丁寧な方がいた。
優しい人だったけれど、言うときはしっかり言う。でも自分に非があれば素直に認める。そういう方だった。
その人から最後に言われたことが、「今だからこそ言えるけど最初はどうなるかと思った」。そんな風に思われていたとは考えもしなかったけれど、でもその一言に、その人らしさ、優しさも感じた。

芯のある人は、見ていて接していて気持ちがいい。
第一印象で反りが合わないな、と思った人がいる。だけど仕事への姿勢、それはいつ見ても好きだった。その人は自分の仕事に誇りを持っていた(俺はプロフェッショナルだ、なんて言ってたっけ)。

帰り際に、自分にとっては意外なことがあった。
僕の仕事の次の工程の人は、ちょっと恐い印象のあった人で、よく怒られたけど(仕事の内容を考えると、ま、当然の態度なのだが)。その人が忘年会の日取りをわざわざズラして、僕の送別会を兼ねてくれたりもした。
こういう事があるから人間関係って面白い。

残念ながら、同僚の人と話す機会はあっても、深く接することは出来なかった。でも、いろんな人に囲まれ、見る機会が得られただけでも価値はあったかもしれない。

・・・帰ってきてから、思うこと。

「人は自分のことを複雑な人間だと思い込み、他人を単純化したがる」
とは、映画「ミリオンダラー・ベイビー」「クラッシュ」の脚本家ポール・ハギスのインタビューでの言葉(ちなみに「クラッシュ」は正にそういう観点から創られた映画だ)。自分は人を理解しようと努力していた「つもり」だったけれど。人を記号化して見ることがある・・・この言葉、深く戒めておきたい。

自分が恐れ続けているものは、「鏡」。
社会という鏡。人という鏡。そこに映る己の姿から目を背け続けてきた。
4ヶ月働いて、やっとそのことを実感出来た気がする。でも、鏡から目を背けること、どうしていいか分からないこと。今でもある。
鏡を見てこそ、自分が正せるのに。

両者とも向き合い続けないといけない課題。
が。たとえ、長くしんどい時間がかかっても乗り越えたい。

さて。
こうして一年にひとつ足跡を残せて、本当に良かった。
今年の抱負は、少しでも自分を向上させることだけど。
有難いことに僕に可能性を見てくれる人たちがいる。
期間従業員でもそういう機会に恵まれたのが、またとても嬉しかった。

可能性を可能性で終わらせないために。
来年も、またひとつ何か足跡を残そう。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

更新休止
ブログの更新をしばらく休止します。
ニンゲン合格
【映画感想 『ニンゲン合格』】

黒沢清らしからぬ映画に思えたのだが。
実にこの人らしい映画だった。

10年間、昏睡状態にあった少年(モラトリアム人間のメタファーだとも思われ)が直面した現実。崩壊した家族の姿。それがポニー牧場を造ろうとすることで、やがてまた家族がまとまっていく・・・・と書くとハートウォーミングな物語に思えるけれど。これを黒沢清が描くと、奇妙な味のある映画になる。

引きの構図、長回し。情感を断ち切るかのような編集。ホラー映画でおなじみの黒沢監督の演出は、あくまでクールで客観的。日常音に比重が置かれドキュメンタリー的でありながら、一方で擬音も多用されるのも、この人らしい。・・・総じて、独特の雰囲気。ドラマだと余計にそれが際立つ。淡々としているのに物語に力があり。目が離せない。

そうやって見えてくるのは、日常/非日常(現実と映画?)の狭間にあるかのような曖昧な世界。そこでは、すべてが刹那的で不確かだ。が、ふと輝く瞬間・・・取り戻した家族の形、生の実感、人として存在した証・・・もある。

それらはやがて日常に埋没してゆく、一瞬の朧げな光。蛍のように。
映画は淡々と進み終わってゆく。けれど、確かにそのときは輝いている。

ニンゲン合格

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。